2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月28日

コロンさん検診日。



今日はこれからの治療方針と血液検査のために行ってきました。



まずは血液検査。

貧血の指標のヘマトクリットは44%(いや、47%だっけ?)
先週木曜日と変わらず正常値!!

顕微鏡でみても、溶血している(壊されている)赤血球は無し。
つまりは進行は止まっているということ


今の状態はまさかの寛解状態・・・・!!!!!
先生も初めてみるケースだとか。


まあ、急性期を診る救急病院だということもあり・・・・・ですが。




気になる今後の治療は…やはり第一選択肢としてステロイドを勧められました。


そこで、お薬を飲む不安などをしっかり伝えたところ、先生の第二選択肢は《経過観察》

これは私が一番望むものでしたかわりに、月に一度の血液検査を当面続けることになりました。
私のお財布は痛いけどコロンさんはノーストレスの治療方針☆

再発したら、今度は様子見ないですぐこちらの病院に連れて行くんだ!!



と。


こんな感じになりました♪


よくよく観察しながらですが、今までと変わらない生活が可能になりました!!!



自分でもまさかの流れです!


油断はできませんが、今はコロンさんの自己治癒能力に感謝感謝!!!!!!


pe006-001_20110530222801.jpg


pe020-002.jpg

5月26日

仕事中、携帯に病院からの不在着信。


仕事が終わり、あわてて電話をかける。


『骨髄検査の結果がでた』とのこと。

今週末の診察前に結果を教えてもらいました。



・血液中のエリスロポエチンの濃度は正常
・骨髄では盛んに血を作り出している
・異常細胞、異常血球は見つからない


とのこと。



で。


やっと、肝心の病名がでました。


除外診断の結果『自己免疫性溶血性貧血』



やっぱりそうか。


まあ、所詮は除外診断なのですが・・・
先生は、大量ステロイドのパルス療法 → 維持療法 でやっていく予定だと。
詳しくはまた週末に、とのことで電話を切りました。


私は、治療に積極的ではありません・・・・


ステロイドの長期投与による副作用を考えると・・・


ステロイドについては、私は、出来るなら量うんぬんじゃなくて
開始することすらしたくない。
だって、一度始めてしまったら切るにしても時間がかなりかかるし、
お散歩やお友達と遊ぶことすらためらわざるをえない。

常におびえて生活するなんて、私に出来るのかなあ・・・・


でも私は獣医じゃないから、やっぱり甘いのかなあ。。。。


可能なら、症状が進行するようなら検討することにしたい。
でも手遅れなのかなあ。。。


先生も言っていますが、今の状態でステロイドを入れても、
効果を得てるか否かは判断できないとのこと。
なぜなら、今のコロンは『正常』な状態だから。
これより改善することって、ない状態。
まあ、先週の段階ですけど・・・

まずは輸血の血の寿命が切れたころにまた検査して、コロンが自力で
赤血球を保てているか見るとのこと。

できれば薬はそれから考えたい。

いますぐはじめなきゃ間に合わない?
コロンがもたない?
必ずまた進行するのか?

薬を入れても、効果をみることができないのなら、それが正しいのかさえもわからない。
だったら、このまま毎日貧血チェックして、食欲チェックして、定期的に検査して……で、あとは今まで通りに過ごせたら最高なんですが

それが私の願い。


私の性格上、我が子には神経質なので(笑)
今までどおりオフ会行ったり旅行行ったりできないって思ってるから…




不思議で、治療法も決まっていない病気。

どうしたらいいのか、結局わかりません・・・・




とにかく明後日先生と話します…

5月22日

ちょっとあきました。


コロンの調子は良好。
歯ぐきの色も、綺麗なピンク色です。

食欲もすごいし、お散歩も毎日いきます。


このまま、こんな生活が続いてくれれば・・・・


ただ普通の生活を送るって、本当に幸せなことなんだなと気づく。

結果が出るまで、なんとも言えませんが・・・・
いまはコロンの元気な姿がただ嬉しい。

一生爆弾を抱えることになってもいい、
今までみたいにオフ会に参加できなくなってもいい、
こんな毎日が続きますように。

pe012-001_20110522165302.jpg

5月19日

5月19日


今日は検診の日でした。


日曜日に輸血してもらって、正常値ギリギリまで底上げしてもらったコロンさん。
今までの経過から、溶血の進行は免れない…
少しでも下がり方が少なければいいな…と思ってきました。
もしこの3日で輸血前の数値まで下がっていたら、今日も入院して輸血

どうだろう…またベソベソするかも…と考えながらの採血。


結果は…

先生「…(・∀・)」

私「…(=_=;)?」

先生「上がってますね(・∀・)?」

私「…(゜o゜;)??」


HCT 40台(40という数値に興奮しすぎて正確な数字を忘れました・・・)
正常値が37~55だから、一気に正常範囲内に入ってきたこととなります。

え?
なんで?輸血後がマックスのはずじゃん。
赤血球の破壊が進行する病気(の疑い濃厚)なはずなのに。上がるなんてありえるのか?
先生もすごく不思議がっています。
その他の所見も異常は一つもなく、血液含め全て正常範囲内。安心したというか、気が抜けた感じです。


ただ、急変の可能性もあるし、貧血状態が長いから何らかの異常はあるはずだと。

輸血によって造血系が刺激された…?


全くわかりません。


とりあえず骨髄検査の結果がでるまでもう少しかかるため、今日も薬の処方はなし…。次回は様子見ながら来週土曜日でいいそうです。


もし免疫でも何でもなく、一時的な貧血だった場合、4日ほどで骨髄機能が再生するはずなんだとか。
でもコロンは貧血だった時間が長い。なんらかの異常がある。
おそらく、ステロイドの治療をしていくことになると・・・。



ちなみに、寄生虫検査は全て(-)これでステロイドの治療が開始できるという確定になりました。
しかも、クームステストも(-)でした。

初めに飲んでいた少量のステロイドのせいでマスクされたか、本当に免疫反応が起こっていなのか。





明日はどうなるかわかりませんが、何の処置もなくコロンと一緒にかえってこれてほんとにうれしいです。


pe002-002.jpg

pe009-003.jpg

pe012-001.jpg

病院、いやだよね。
お疲れ様。コロンの生命力に感謝してもしきれないよ。

5月18日

5月18日

朝、歯ぐきを見たら・・・昨日までの色素が薄くなってる・・?
輸血からたった3日でこんなに進行!?と、落ち込む。


仕事が終わり、家に帰ってみると、少し色が復活したような・・・?

やっぱり血液検査をしないとわからないな。。。


もちろん、ステロイドなどの治療をしていないので、進行するのは当然。
少しでも進行が遅くあってほしい・・・と願うばかり。


体調は良好。
ごはんもモリモリたべ、ウンチもいいウンチです。

今日は2日ぶりのお散歩。

よほどうれしいのか、よく走る。
ハラハラするけど、こんな時間が嬉しい。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

FC2カウンター

簡易型犬の年齢計算機

プロフィール

ティアラ

Author:ティアラ
★ティアラ★

2002 2.1生(♀)
カラー:シェーデットレッド

ブリーダーさんの繁殖リタイアワンコ♪
2006.11.18 我が家に。
よく観察し、よく媚びる。人間みたいな犬。
好きなことは添い寝。
嫌いなことは一人ぼっち。
特技はふて寝。ひたすらふて寝。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★コロン★

2006.7.11生(♀)
カラー:シェーデットクリーム

ティアラの実の孫の、繁殖リタイアワンコ♪
2009.10.25 我が家に。
顔もしぐさも、まるで子供。犬っぽい犬。
計算なしで本能のままに動く。
好奇心旺盛、やや警戒心強め。
いじらしい子です。

2011.5.26 自己免疫介在性溶血性貧血と診断されました。
完治はない病気ですが、がんばってます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ティアラママ★

1985年生まれ(♀)
ひよっこ薬剤師。
ギャルだヤンキーだと、なかなか人が寄り付きませんが・・・
地味な性格、地味な趣味。根は暗いしネガティブです(笑)

趣味 犬
特技 犬

犬がいれば毎日が幸せなのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★トト★

2009.10.20 14歳でお星様になった実家(山形)のMダックス。
全ての犬好きはここからはじまりました。

★にいたん★

只今絶賛同居中の私の相方。
同じく薬剤師。
私の影響でめっきり犬好きに。

いくつになったの

いくつになったの

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。